益子九郎・略歴

作曲家 益子九郎


益子九郎(ましこ くろう)は、第一回音楽コンクール作曲部門に入賞した作曲家です。
ウェブサイト「信時潔研究ガイド」制作者・裕子の父・三郎(信時潔の三男)が、
益子九郎を大叔父に持つ(裕子の)母と結婚したことで、信時潔と益子九郎は姻戚関係になりました。
生涯結婚せず、子供を持たなかった益子九郎さんでしたが、
我が家とは晩年まで行き来があり、その最期を見送り、九郎さんの残した資料等の整理は
三郎、裕子に託されました。
益子九郎が、音楽家として活動した当時のことを、知っている人も少なくなりました。
残された資料をもとに、その生涯と作品を紹介します。

(随時情報更新中)


益子九郎・略歴


1899明治3210月27日、東京湯島天神町で栃木県士族・益子右馬助の第九子、三男として生れる。母は、栃木県士族・茂木在住の上田鎰太郎の長女カツ。益子家は、栃木県黒羽藩家老を勤めていた家で、戦国末になくなった益子藩主の家柄だった。益子藩については『益子町史』に詳しい。
1916大正5父死去により家督相続。
1919大正8東京音楽学校予科入学。
1920大正9

東京音楽学校本科器楽部(ピアノ専攻)に入学。この頃、駒沢村上馬(のち世田谷区)在住。音楽通論は、弘田龍太郎の教えを受けた。
同じ頃に予科、本科器楽部に在籍していた高橋均の紹介で信時に出会い、作曲の教えを受ける。(個人レッスンのような形ではなく、アドバイスをもらう程度だった)

1922大正118月に信時潔がドイツ留学から帰国。音楽学校で何度か信時の授業を受けたが、秋に退学。
128日、静岡県田方郡伊東町に移住。近くの伊豆大島の「大島節」の旋律を採譜し、のちに信時潔作曲の合唱曲「大島節」となる。
1923大正128月末、信時潔夫妻が伊東を訪問。30日に船で帰るのを見送って間もなく9月1日、関東大震災で罹災。津波に遭い、自宅の屋根に避難して助かった。
1924大正13世田谷区上馬に戻る。
1929昭和412月5日、母カツ死去。
1932昭和7第1回音楽コンクール(時事新報社主催。日本音楽コンクールの前身)作曲部門入賞。入賞一名、入選は池譲、大中寅二、岡本敏明。
1933昭和8信時潔、片山頴太郎とともに編纂した『新定中学音楽教科書』(大阪開成館)上、下巻刊行。伴奏譜(全一巻)は1934年刊。
1935昭和10『新訂高等小学唱歌』(文部省)刊行、その編纂実務に携わる。
1936昭和11信時潔、片山穎太郎、益子九郎共著『日本学生歌』(大阪開成館)刊行。
1941昭和16この頃より、横浜市港北区篠原町に住む。
 1943 昭和18『海ゆかば敷衍曲』作曲。そのほか、信時潔作品の放送用管弦楽編曲等を手がける。
1944昭和19この頃、厚生科学研究所勤務。
1946昭和21東京音楽学校(のち東京芸術大学)に勤務。当初は教務嘱託、図書課、分教場掛など、のちに作曲助手を務めた。(昭和26年-41年)。文京区駒込林町に住む。
1969昭和44小田原市小竹で晩年を過ごす。
1990平成27月16日 座間市相武台病院にて死去(91歳)
1991平成3日本近代音楽財団 日本近代音楽館に作品資料、音楽関係蔵書等が収められた。(現・遠山一行記念日本近代音楽館 益子九郎文庫)


                    (昭和初年頃)

益子九郎 作曲・編曲作品

管弦楽曲牧歌1932年
 5 Variationen
-Loreleyの主題に拠る
1932年
 海ゆかば敷衍曲
(合唱附管絃楽)
東京音楽学校第百回定期演奏会(1943年5月22日)
   
歌曲病める薔薇(さうび)
(三木露風作詞)
 
 すたれたる園のみどりに
(北原白秋作詞)
1919年
 鴬(西條八十作詞)1922年
 春の散歩(町田有史作詞)『音楽教育研究』第2巻第2号 1940年
 野うばら(町田有史作詞) 『音楽教育研究』第2巻第6号 1940年
 山杜鵑 (石川啄木作詞)『国民歌謡第41輯』
(日本放送出版協会 1939年刊)
 潮音(島崎藤村作詞)『国民歌謡第45輯』
(日本放送出版協会 1939年刊)
   
童謡月のフートボール
(野村清三作詞)
『赤い鳥』第4巻第6号(1920年6月) ※「赤い鳥」曲譜集その13
   
唱歌つみ木『新訂尋常小学唱歌』(1932年)
第一学年用
 竹の子同 第二学年用
 夏休同 第三学年用
 同 第三学年用
 私のうち同 第三学年用
 『新訂高等小学唱歌』(1935年)
第一学年用
 村時雨同 第一学年用
 春の訪れ同 第一学年用
 送別の歌同 第一学年用
 小鳥よ同 第二学年用
 夏の暁同 第二学年用
 実のりの秋同 第二学年用
 渡り鳥同 第二学年用
 若き我等同 第三学年用
 暁の調べ同 第三学年用
 福原遷都同 第三学年用
 月夜の田園同 第三学年用
 新島守同 第三学年用
 海洋の日本(桃井京次作詞)

『新定中学音楽教科書』下巻(大阪開成館 1934年)教師用伴奏譜 

 小春三景(江南文三作詞)『新定中学音楽教科書』下巻(大阪開成館 1934年)教師用伴奏譜
 アテネの懐古(桃井京次作詞)『日本学生歌』(大阪開成館 1936年)
 霜月(田中冬二作詞)『師範音楽』(1943年)




 
 校歌多肥小学校校歌
(佐々木章作詞)
香川県高松市立 ※楽譜未確認
 中野小屋中学校校歌
(種岡忠次郎作詞)
新潟県新潟市立
  萩荘小学校校歌(菊地実作詞) 岩手県一関市立 ※旧校歌(1962年制定)
  曳舟中学校校歌
(藪田義雄作詞)
 東京都墨田区立 ※廃校
 北海道稚内高等学校校歌
(藪田義雄作詞)
北海道稚内市
   
編曲あやつり人形(管弦楽編曲)信時潔作曲
 小学唱歌「月」を主題とせる変奏曲
(管弦楽編曲)
信時潔作曲
 かどでの朝(ピアノ三重奏)信時潔作曲「国民合唱」
1942年9月8日-19日放送
 日本のあさあけ
(管弦楽編曲)
信時潔作曲
(平和条約発効並びに憲法施行五周年記念式典歌)

益子九郎 執筆


1923年
2月
『音楽研究』
(音楽研究社)
創刊号
最近作曲批評
  ポエムノクチュルヌ(近藤柏次郎氏)(詩と音
 楽 創刊号)
  病める薔薇(山田耕作氏)(同誌)
  黙祷(鈴木賢之進氏)(葡萄樹 創刊号)
  六騎(山田耕作氏)(詩と音楽 十月号)
  ふなうた(近衛秀麿氏)(同誌)
  ノクチュルヌ(松島彜子氏)(同誌)
  狸橋、かやの木山(山田耕作氏)(詩と音楽 
 十一月号)
  蟹味噌(山田耕作氏)(同誌)
1923年
6月
『音楽研究』
(音楽研究社)
第1巻第5号
海内楽壇
  東京スイムフオニー・オーケストラ第三回演奏会
  (五月十七日於帝国ホテル)
  東京音楽学校春季演奏会
  (五月十九・二十日於東京音楽学校)
 
PAGE TOP